« 神奈川県動物愛護協会さんの写真展 | トップページ | 朝霞すまいるエフエム76.7MHz、番組決定! »

アルピニスト野口健さんのblog

たくさんの方々に見てほしいですbearing

http://blog.livedoor.jp/fuji8776/

先日は、捨てられ、引き取り手がなければ殺処分される犬や猫たちに会ってきました。

病気の子や慣れない子は…
『この子は無理でしょうね…』と担当者さん。

日々1000匹近くが今だに処分されてるんですね。

それでも、時代の流れとともに犬はこの20年間で約20分の1にまで減りました。(環境省調べ)

しかし猫は

驚いたことに全然変わっていません。

同時に、動物実験の事や家畜についても知ることになります。

例え食べられるための家畜だろうが、ペットだろうが同じ命には変わりないと思うのです。

家畜やペットに対しての『感謝の気持ち』heart01があれば

扱いが違うだろうに…

なんて、

そう思ってしまうdespair

« 神奈川県動物愛護協会さんの写真展 | トップページ | 朝霞すまいるエフエム76.7MHz、番組決定! »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

野口さんのブログみました。
コメント寄せた数が600件以上になってるのにびっくりですが、反響の大きい内容だと思います。餓死している動物を見て思ったのは、県や市という行政が毎日行っている、殺処分機で窒息死した直後の犬猫の姿と似ていると思いました。以前、殺処分直後の犬猫お写真を見せてもらった事があったので、そう思いました。無責任に手放す飼い主には、自分の飼っていたペットが殺処分で、こういう状態になるのを、目の前で見せ付けたいところです。実際に熊本市でそういう事をしたら、殺処分が劇的に減ったという実績もあります。

被災地で残った家畜は、結局殺処分ですか。。。
人間がもたらした災難に対して、家畜は何の罪もないのにね。
こう考えていると、人間というものがイヤになってしまいそうですが、1匹でも、大切な命ですから、モノのように雑に扱ってもらいたくないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185387/41049748

この記事へのトラックバック一覧です: アルピニスト野口健さんのblog:

« 神奈川県動物愛護協会さんの写真展 | トップページ | 朝霞すまいるエフエム76.7MHz、番組決定! »