« 12月の『ごきげんひるMAX』エンディングにバロン決定! | トップページ | 福島レポ③「福光の家」あすかちゃん »

福島レポ②飯館村『福光の家』

1417093478665.jpg

おでぶな白猫さんと

大きな秋田犬親子のお出迎えhappy02

飯館に来たメインの目的はこちら『福光の家』のボランティアです。

1417093500440.jpg

こちらには、飼い主のいる犬たち32頭が保護されています。

なぜ、飼い主がいるのに???と思う方も多いかもしれませんが

飯館村は、まだ住民が住むことが出来ません。(昼間は帰れるそうです)

誰もいない村で、ぽつんと犬が外に繋がれた状態で、、

日々を過ごさなければならないのです。

みまもり隊と言うのが、どこの村や町にも作られており

巡回し、防犯対策はされてるようです。

1417093492659.jpg

この秋田犬くん、可愛かった~~sign01でもすごい大きかったsweat01

大家さんちの子だそうですdog

後ろに、お母さんが小さく映っていますcoldsweats01

1417093487619.jpg

1417093488577.jpg

被災犬の保護シェルター『福光の家』を作り、

毎日ほぼお1人で犬たちの面倒を見てる平山ガンマンさん。

もちろん、お手伝いやボランティアさんがいらっしゃる日もあります。

応援、支援してくださってる個人団体もあるようです。

しかし、、、現場を守るのは並大抵のことではありません。。

1417093480036.jpg

32頭のうち、老犬が4頭くらいいますが、みんな頑張って生きていて

強い生命力を感じますsign01

私は、老犬とか介護とか無縁でした。

一瞬、このわんちゃんを見た時『かわいそう、、、』

というのが正直な感想でした。

ガリガリで、身体は曲がっていて、立つのも座るのもやっとです。

哀れに見えてしまった自分を

帰るころには恥ずかしく思う程、

頑張れ!偉いね!またね!と笑顔で別れてきました。

1417093490586.jpg

1417093489529.jpg

私の後ろに写ってる子も17歳の老犬さんです。

とてもかわいいですheart04

1417093482399.jpg

ご飯ちょうだいちょうだいって、、sweat01


1417093498052.jpg

そして、メインのお仕事はお散歩dog

この日は、3人で手分けしてお散歩させたり、小屋のお掃除したりpaper

最終的には全身ドロドロ^_^;

1417093499239.jpg

1417093485714.jpg

除染されてるとこと

されてないところでは

線量がかなり違います。

 

0.42と

1・259です。。

1417093486764.jpg

お散歩とっても嬉しそう!

でも

周りにはフレコンバックの黒山と、除染作業員さん。

作業員施設。

作業員さんたちともご挨拶happy01

1417093496750.jpg

飯館村役場が近くにあります。

1417093481088.jpg

東京と飯館村を一緒にしてはいけないのです。

環境、人も違えば

考え方はそれぞれです。

決して、東京や神奈川、埼玉と同じようにはいかないし、

そうである必要もない気がしました。

まだ係留されてる犬たちが120頭もいるそうです。

ちゃんとご飯を食べられてるか、、、

お散歩はたまには出来てるだろうか、、、

寂しい想いはしていないだろうか、、

わかりません。

雪で行く手を阻まれれば、犬の待つ我が家に行くことさえ出来ません。

この『福光の家』には、

飼い主さんと一時は離れてしまうけど

毎日ご飯をあげることが出来、何かあればすぐ見れる、、

という意味で

係留されてるより、いいだろうと

ガンマンさんは、考えに考え抜いて、飼い主の方と話し合い

現在、大変でも、こういう暮らしをし犬たちを守る!という強い意志で頑張ってらっしゃる気がしました。

1417093483401.jpg

こちらの老犬さんは今にも

逝ってしまうかもという状態でした。

しかし、

同行したボラ仲間さんが

手から餌をあげ、寝床を移動させ、スポーツドリンクを飲ませ

毛布を変えて、

すると、、表情が明るくなり

西陽を浴びて気持ちよさそうに眠ってしまいました。

人が手をかけてあげることの大切さを目の当たりにしました。

もし、このまま、もう逝ってしまうから、餌も自分で食べられないから

あきらめましょう、、なんて放っておいたら

死んでしまっていたでしょう。

いかに、誰が関わるか、お世話をするかで、唯一無二の大切な命がどうなるか左右されてしまうんです。

これは、、凄いことです。

とはいえ、、人間は機械ではありません。

物理的に無理なものは無理です。

1417093484501.jpg

この子も老犬で目が見えません。でも、しっかり生きていますpunch

みんな大変なんです。

保護しているガンマンさんも犬たちも

そして、飼い主の方々も、

原発によってすべて狂わされたのです。

どうか、乗り越え、、

みんなが安心して暮らせる日が早く来るようにと

心から願います。

1417093491609.jpg

また行きます。

それまで、

みんな元気でねsign03

1417093493674.jpg

またねconfident

 

« 12月の『ごきげんひるMAX』エンディングにバロン決定! | トップページ | 福島レポ③「福光の家」あすかちゃん »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185387/58110156

この記事へのトラックバック一覧です: 福島レポ②飯館村『福光の家』:

« 12月の『ごきげんひるMAX』エンディングにバロン決定! | トップページ | 福島レポ③「福光の家」あすかちゃん »